ウォールソーイング工法

切断面(壁面・斜面・床面など)に走行用ガイドレールを固定し、 ソーイングマシンのレール上の移動によって、対象物を切断する工法です。
ウォールソーイング工法とは、壁や斜面・床面などに走行用ガイドレールをアンカーボルトで固定し、そのレールに電動式または油圧式の駆動機を装着。ダイヤモンドブレードの高速な回転と駆動機のレール上の移動によって対象物を切断する工法です。
ドアの開口部や換気口・窓の設置に多用され、直角・斜めともに切断可能です。レールに沿って切断するため、正確な開口部を設けるのに優れています。また遠隔操作も行えるため、様々な状況下において安全な作業が可能。さらに本体は小型・軽量であるため持ち運びが自在で、ビルや高速道路・地下鉄など、作業スペースの狭い現場においても優れた機動力を発揮します。
ウォールソー1切断効率の高いダイヤモンド工法の中でも、最も効率よく切断する事が可能です。 ウォールソー2レールさえ設置可能であれば、水中・傾斜地でも高精度切断可能です。 ウォールソー3作業と同時に集塵機が切り粉を回収するため、粉じんはほとんど発生しません。

土木構造物

ダム、トンネル、橋、高速道路、護岸壁などの改修・解体、配管に伴う穿孔、堤防等水中構造物 他

建築構造物

間取り変更、開口増設、窓枠、ドア取り付け、エスカレーター設置、壁面耐震スリット加工 他

複雑な現場での精度切断にお答えします!

ウォールソーイング工法の可能性を探求し続け、複雑で困難な現場での施工を積み重ねた当社では、傾斜地、階段といった地形制約を受ける現場、環境負荷の避けられない現場での施工にも、独自のノウハウでお応えします。高効率・高精度のウォールソーイング工法は、当社の代表的工法の一つです。
耐震スリット

耐震スリット

構造物切断

構造物切断

建物の回収、開口部作成など、高精度が求められる現場において、ウォールソーイング工法は抜群の機動性でお応えします。環境配慮設計のウォールソーイング工法については、実績豊富な当社へご相談下さい。
※当社職人・営業担当による相対比較です。 適用不可能な切断対象、現場環境もございます。
乾式ウォールソー工法 乾式ウォールソー工法
ご質問、お問い合わせ、お見積もりを24時間お問い合わせいただけます。ご回答はお客様のご都合の良い方法、時間にてご案内申し上げます。

⇨お見積り・お問い合わせフォームはこちら

工法についてのお問い合わせ、お見積もり依頼をお待ちしております。

TEL:089-960-4510
FAX:089-960-4511

企業概要、会社沿革についてはこちらから。

⇨企業概要はこちら

Back to Top